米FCC、ソフトバンクのスプリント買収を承認

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


米FCC、ソフトバンクのスプリント買収を承認


掲載日:2013/07/09


News

 ソフトバンク株式会社は、米スプリント・ネクステル・コーポレーション(スプリント)の事業に対して約216億米ドルの投資を行なう予定であると発表した。

 同取引の結果、スプリントは新スプリントの完全子会社となり、ソフトバンクは新スプリント株式の約78%(完全希薄化ベース)を保有することになる。

 米国東部時間の7月5日に連邦通信委員会(FCC)は、スプリントがソフトバンクの完全子会社となる取引に関する申請の承認を全会一致で決定し、これにより、ソフトバンクはスプリント買収に必要なすべての監督官庁の承認を取得したという。両社は、7月上旬に同取引が完了すると見込んでいる。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 医療に欠かせないデジタル化という処方箋、生産性を向上し的確な治療が可能に 【日本ヒューレット・パッカード】 業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか? 【日本ヒューレット・パッカード】 “ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む 【日本ヒューレット・パッカード】 「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件 【インテル】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション データ分析ソリューション
FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは? 医療に欠かせないデジタル化という処方箋、生産性を向上し的確な治療が可能に 業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか? “ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む 「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048455



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ