エクセルソフト、組込み等開発スイートのJTAGデバッガなし版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクセルソフト、組込み等開発スイートのJTAGデバッガなし版発売


掲載日:2013/07/05


News

 エクセルソフト株式会社は、組込み/モバイルシステムの開発ツールスイート「インテル System Studio 2013 Linux 版」で、JTAGデバッガが含まれない廉価な製品を発売した。シングル・ユーザ・ライセンスの価格は31万2000円。

 「インテル System Studio」では、Atomプロセッサ/Coreプロセッサ・ファミリー/Xeonプロセッサを搭載したLinux OSの組込み機器やモバイルデバイス向けソフトウェアを開発/最適化でき、開発期間の短縮や生産性の向上を図れる。C/C++/アセンブラ言語に対応するほか、GNUクロスビルドに対応し、Eclipse CDTやYocto Projectなどのアプリケーション開発ツールキットへ統合できる。

 今回発売された製品には、組込みLinux OS上のアプリケーション向け「インテル C++ コンパイラー 13.0」や、ソフトウェア・デバッガ「The GNU Project Debugger - GDB デバッガー v7.5」、電力/パフォーマンスのプロファイル/チューニング用のCPU/SoC解析ツール「インテル VTune Amplifier 2013 for System」が含まれる。

 また、発見が困難なメモリエラーやスレッドエラーを特定するダイナミック/スタティック・アナライザ「インテルInspector 2013 for System」や、データ処理/マルチメディア/信号処理向けに最適化された基関数のライブラリを提供する「インテル インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ 7.1」、最適化された線形代数や高速フーリエ変換、ベクトル・マス・ライブラリ、統計関数などを提供する「インテル マス・カーネル・ライブラリー 11.0」(インテル64のみ)も含まれる。


出荷日・発売日 発売済
価格 シングル・ユーザ・ライセンス:31万2000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 信頼性の高い基幹系システム向け開発フレームワークで高速開発 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック 【エーアイ】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア) 【ラネクシー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 基幹系システム向け開発をクラウド化 実績で裏打ちされる信頼性が移行を進める 外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048392


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ