エクセルソフト、組込み等開発スイートのJTAGデバッガなし版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクセルソフト、組込み等開発スイートのJTAGデバッガなし版発売


掲載日:2013/07/05


News

 エクセルソフト株式会社は、組込み/モバイルシステムの開発ツールスイート「インテル System Studio 2013 Linux 版」で、JTAGデバッガが含まれない廉価な製品を発売した。シングル・ユーザ・ライセンスの価格は31万2000円。

 「インテル System Studio」では、Atomプロセッサ/Coreプロセッサ・ファミリー/Xeonプロセッサを搭載したLinux OSの組込み機器やモバイルデバイス向けソフトウェアを開発/最適化でき、開発期間の短縮や生産性の向上を図れる。C/C++/アセンブラ言語に対応するほか、GNUクロスビルドに対応し、Eclipse CDTやYocto Projectなどのアプリケーション開発ツールキットへ統合できる。

 今回発売された製品には、組込みLinux OS上のアプリケーション向け「インテル C++ コンパイラー 13.0」や、ソフトウェア・デバッガ「The GNU Project Debugger - GDB デバッガー v7.5」、電力/パフォーマンスのプロファイル/チューニング用のCPU/SoC解析ツール「インテル VTune Amplifier 2013 for System」が含まれる。

 また、発見が困難なメモリエラーやスレッドエラーを特定するダイナミック/スタティック・アナライザ「インテルInspector 2013 for System」や、データ処理/マルチメディア/信号処理向けに最適化された基関数のライブラリを提供する「インテル インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ 7.1」、最適化された線形代数や高速フーリエ変換、ベクトル・マス・ライブラリ、統計関数などを提供する「インテル マス・カーネル・ライブラリー 11.0」(インテル64のみ)も含まれる。


出荷日・発売日 発売済
価格 シングル・ユーザ・ライセンス:31万2000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 【日本アイ・ビー・エム】 現場ニーズに合わせて自由にカスタマイズ可能、業務効率化モバイルアプリ 【ユニフィニティー】 法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。 「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 現場ニーズに合わせて自由にカスタマイズ可能、業務効率化モバイルアプリ ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048392


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ