CA Technologies、認証強化製品の新版でMITB対策機能を装備

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、認証強化製品の新版でMITB対策機能を装備


掲載日:2013/07/05


News

 CA Technologiesは、認証強化ソリューションの新版で、Man-in-the-Browser(MITB)対策機能を装備し、電子商取引やオンライン・バンキングでのトランザクション発生時に、より強固な認証を提供する「CA AuthMinder7.1」「CA RiskMinder3.1」の出荷を開始した。

 「CA AuthMinder」は、2要素認証で本人特定の強化を図るソリューション。ソフトウェア証明書「CA ArcotID」を中心に、ソフトウェア・ベースのワンタイム・パスワード(OTP)機能などの認証強化方式を提供する。今回の新版では、認証プロセスで、取引金額や受取人といった詳細情報を確認することで、オンライン・トランザクションに対する不正/詐欺のリスクを低減できる。マルウェアなどに汚染されたPCを使ってオンライン・バンキングを利用した際に、正規の認証後に利用者の操作とブラウザの間でトランザクションを改ざんするMITB攻撃への対策を行なえる。OTP認証情報の中に送金額などのトランザクション情報を埋め込めるため、攻撃による危機を低減できる。

 「CA RiskMinder」は、利用者のトランザクションから得られた情報を使い、利用者の振る舞いや環境情報を評価してリスクを判断するリスクベース認証ソリューション。今回の新版では、モバイル・デバイスへの対応を図り、デバイス/OSの情報特定要素をリスク・アセスメントに取り込めるよう、Rule Builderインターフェースが装備された。これにより、簡単にリスクベース認証のルールを設定/運用できるようになり、管理者の負荷軽減を図れる。


出荷日・発売日 2013年7月3日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048387


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ