採用:九州産業交通、サイボウズの大規模向グループウェアを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:九州産業交通、サイボウズの大規模向グループウェアを導入


掲載日:2013/07/05


News

 サイボウズ株式会社は、6月26日に九州産業交通ホールディングス株式会社(九州産業交通)が、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガルーン」(ガルーン)を1000名規模で導入したことを発表した。

 「ガルーン」は、チームコラボレーションを可能にするエンタープライズグループウェア。

 九州産業交通は、熊本県の路線バス、高速バス、旅行・ホテル事業など7つの会社を傘下にもつ持株会社。グループ企業間の情報共有の強化のため「ガルーン」を選択した。1000名規模の負荷に耐えられ、ITが苦手な社員も使いこなせる情報共有基盤として同サービスが評価されたという。

 導入後、社内の連絡は、メールを利用せず「ガルーン」上に集約されているという。これにより、各事業会社の情報共有のほか、グループ全体での迅速な業務連携が図れている。例えば、ホテル・バス事業を始めとした24時間体制でサービスを提供する事業においては、関係者全員が状況を把握し議論できる“メッセージ”を活用し、シフトが異なるため顔を合わさないメンバー同士でもスムーズな引継ぎが行なわれているという。

 また、100を超えるツアープランにおける旅行会社やバス会社といった複数事業会社間での連携や、新たなシステム開発などの複数事業横断のプロジェクトでは“スペース”と“掲示板”が活用されている。メール上の連絡では難しいプロジェクトの進捗状況を、関係者全員でもれなく共有することにより、各ツアーのスムーズな運営をはじめ、より良い顧客サービスの提供にもつながっているとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office on cybozu.com」 【サイボウズ】 サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 45000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 332万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048381


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ