採用:アスクル、コミュニケーション基盤にMSのLyncなどを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アスクル、コミュニケーション基盤にMSのLyncなどを採用


掲載日:2013/07/05


News

 日本マイクロソフト株式会社(MS)は、アスクル株式会社が、「Lync」と「Office 365(Exchange Online)」を導入し、社員約1500人向けのコミュニケーション基盤を刷新したことを発表した。

 アスクルでは、東日本大震災での被災経験からBCP(Business Continuity Planning)の構築ならびに場所を問わない働き方を支える基盤の確立が求められたことを背景に、コミュニケーション基盤を「Lync」と「Office 365」によって刷新し、ワークスタイル変革を進めている。在宅勤務や離れた拠点間のコミュニケーションの円滑化、プレゼンス機能の活用で、相手のいる場所に直接足を運ぶケースも増え、“ワイガヤ”(社員が集まってワイワイガヤガヤと話をすること)文化を支える存在としても、重要な役割を果たしているという。

 同社は、“ワイガヤ”の文化を重視しており、同社全体では多拠点化が進みつつあるなか、今後は拠点間の“ワイガヤ”を可能にするため、「Lync」の存在意義が大きくなると今後の展開について述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】 クラウド型テレビ会議の賢い選び方ガイド 【VTVジャパン】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。 USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。 4つの課題・ニーズ別にクラウド型テレビ会議の選び方をガイド!

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048380


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ