TMH、下通商店街でLINE一斉導入地域活性化プロジェクトを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TMH、下通商店街でLINE一斉導入地域活性化プロジェクトを開始


掲載日:2013/07/05


News

 株式会社トライバルメディアハウス(TMH)は、下通繁栄会(熊本市中央区)との共同で、無料通話・メッセージアプリ「LINE」一斉導入地域活性化プロジェクトに取り組むことを発表した。7月1日より32店舗で実験的に「LINE」の活用を開始する。

 下通商店街は、熊本県熊本市中心部に位置するアーケード繁華街で、160店舗以上があり専門店が多いことが特徴である。熊本中心市街地の通行量は、長期的には減少傾向にあり、現在は、相次ぐ郊外型ショッピングセンターの出店により、子育て世代を中心に買い物客の中心市街地離れが進行している状況であるという。そうした状況に対し街の賑わいづくりや、環境整備、そして各店舗の魅力発信により、街全体の魅力を発信し、来街者を増やしていくことが下通商店街の課題となっているという。

 下通繁栄会では、これまでも集客力向上のためにWebサイトの強化、アーケードの無線LAN化、Webクーポン“下得”の発行、3DAR看板の試験導入といった、Web環境整備事業に取り組んでいる。

 今回、TMHは、中小企業庁による“地域商店街活性化事業”の助成金を活用しながら、商用公式アカウントサービス「LINE@」を各店舗に導入し、店舗の集客向上と商店街全体の活性化を図るという。5月中旬から商店街各店舗に対して参加の呼びかけを行なっており、今後も、全3回の勉強会を開催して、「LINE@」アカウントの開設方法や効果的な活用ノウハウなどを、各店舗のオーナーや従業員の方へレクチャーしていくという。

 「LINE@」は「LINE」の商用サービスで、店舗から直接、「LINE」を通じてユーザや読者、地域住民にメッセージや画像、更に一般利用の機能には無いPRページ機能を使って、クーポンやセール情報などを届けることができる。

 なお、商店街で毎年開催される夏のイベント“ゆかた祭”(7月13日・14日)では、イベント期間に「LINE@」アカウントに登録した利用客に、各店舗の“クーポン”を配信するほか、イベントブースや看板の設置、チラシの配布を行なうなど、利用客への大規模な告知活動も実施すると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 飲料販売会社の導入事例から帳票電子化の生産性向上効果を考える 【ウイングアーク1st株式会社】 クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】
暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール 電子帳票システム その他ストレージ関連
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的 ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048357



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ