エヌワーク、サーバ/ネットワーク機器監視ツールの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エヌワーク、サーバ/ネットワーク機器監視ツールの新版を発売


掲載日:2013/07/04


News

 株式会社エヌワークは、Windows/Linuxサーバなどの死活監視やネットワーク機器の監視を、エージェント不要で簡単に導入できるWebツールをバージョンアップした「CYBER GENIUSバージョン2.1」のライセンス販売を開始した。

 「CYBER GENIUS」では、監視する機器類のIPアドレスを登録し、様々な監視項目から選択することで利用を開始できる。レポーティング機能を標準装備し、長期スパンで監視する場合のデータをCSV形式でエクスポートできる。また、iPhoneやiPadで監視画面を参照できる。

 今回のバージョンでは、ECサイトの接続検証や、DBの接続チェックも可能になった。


出荷日・発売日 2013年7月3日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

アクセス権作業を自動化!ファイルサーバ統合管理「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 コンソールサーバー SmartCS NS-2250 【セイコーソリューションズ】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 ファイルサーバスリム化「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 SmartCSは、サーバーやネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、ネットワーク障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にする。 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048349


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ