ISID、人事/給与/就業の統合管理などをAWS上で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISID、人事/給与/就業の統合管理などをAWS上で提供


掲載日:2013/07/04


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、統合人事クラウドサービス「POSITIVE on CLOUDiS」と、中堅企業向けの人事パッケージのクラウド版「STAFFBRAIN on CLOUDiS」を、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上で提供開始した。

 「POSITIVE」は、人事/給与/就業管理に加え、人材育成支援やグループ会社管理など、大規模企業向けの機能を標準搭載している。「STAFFBRAIN」では、人事/給与/就業の統合管理を廉価で提供するために、コア機能がパッケージ化されている。

 今回AWS上で提供されるシステムは、入力/照会業務が集中する月末など、一時的にシステム負荷の高い状態で、Webサーバの台数を自動的に増加させられる。通常運用時は必要最小限の構成で運用できるため、トランザクション量に合わせて適正なコストで利用できる。また、管理対象の従業員数やグループ会社の増加に応じて、段階的にリソースを容易に追加できる。

 システム運用の支援サービスも併せて提供される。24時間365日の監視/運用保守サービスに加え、セキュリティパッチ適用や、法制度改定対応、バージョンアップ適用などが代行される。

 「POSITIVE」「STAFFBRAIN」はWebブラウザで全機能を利用できるため、オンプレミスからクラウドへスムーズに移行できる。既存ユーザは、インフラ更改に際してAWSへ移行することで、インフラのサポート停止リスクとシステム運用負荷を軽減できる。

 AWSが提供するAmazon Virtual Private Cloudを利用することで、ユーザはAWS上のプライベート領域にシステムを構築できる。それまで自社環境で行なってきたセキュリティ対策や運用管理手法はそのままに、「POSITIVE」「STAFFBRAIN」をクラウド環境上で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「電通国際情報サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048345


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ