JS3、プライベート認証局をブラウザ「Chrome」のAndroid版に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JS3、プライベート認証局をブラウザ「Chrome」のAndroid版に対応


掲載日:2013/07/04


News

 株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(JS3)は、プライベート認証局「プライベートCA Gleas」をWebブラウザ「Google Chrome27 for Android」に対応させ、Android対応を強化した。

 「Gleas」は、柔軟性と操作性の向上が図られた認証局アプライアンス。「Chrome27」は、クライアント証明書に対応した安定版で、Webの安全性を保ちながらビジネスアプリケーションやWebサイトを高速に利用できる。

 今回の対応により、利用者向けWeb(UA)からAndroidの証明書ストアにクライアント証明書を直接インポートできるようになった。これにより、PC/iOSに加え、Androidデバイスを含めたマルチデバイスからのクライアント証明書を利用した安全なWebアクセスを構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 AXIOLE 【ネットスプリング】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】
認証 認証 認証 認証 認証
なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048337


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ