採用:国民健康保険中央会、サーバ統合にCA Technologiesを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:国民健康保険中央会、サーバ統合にCA Technologiesを採用


掲載日:2013/07/04


News

 日本CA株式会社(CA Technologies)は、公益社団法人 国民健康保険中央会(国保中央会)のサーバ統合プロジェクトにおいて、「CA ARCserve Replication」が主要ソリューションとして採用されたことを発表した。

 国民健康保険中央会は、国民健康保険事業、介護保険事業、障害者総合支援事業を担う公益社団法人。

 各国保連合会は、独自にサーバを調達して、障害者総合支援給付支払などシステムの運用を行なっていたが、運用コストと業務処理の効率化を図るため、仮想化技術を採用したサーバの統合を実施することに決めたという。一方で、地方の国保連合会が所有するデータには、主要なDBや、障害福祉サービス事業者向けに配布されるPDFファイル、詳細な内訳を記述したCSVファイルなどが大量に含まれているため、システムデータをローカル環境でも、これまで同様に扱いたいという要望があったと伝えている。

 国保中央会は、本来の業務に影響を及ぼしたり、ネットワークの帯域を占有することなく、各国保連合会のサーバにデータを転送・複製する方法を模索しており、複数の製品ソリューションを詳細に比較したとしている。特に、データ転送のリアルタイム性、転送時間、システムの安定性に焦点を絞って検討を行なうなど、詳細な性能テストを含む比較検討の結果、「CA ARCserve Replication」を選んだと伝えている。

 日本CAは、CPUやメモリなどのシステム使用率が安定しており、ネットワーク帯域も低く抑えられていた点が選定の理由となったとし、とりわけ、東京のデータセンタから1番遠い沖縄県に向けて送る想定実験において、1万強のファイルを1分弱で送信完了した点が評価されたと伝えている。また、費用対効果においても価値が高いと判断されたという。

 今回のプロジェクトでは、業務サーバ環境をデータセンタに集約することで、システム運用のコストを削減するとともに、全都道府県の各国保連合会においてローカル環境での業務処理を可能にすることで、データの災害対策も可能にするとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048330


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ