採用:山陰合同銀行、ETのESS RECとESS AdminControlを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:山陰合同銀行、ETのESS RECとESS AdminControlを採用


掲載日:2013/07/04


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(ET)は、同社のIT統制ソリューション「ESS REC」と「ESS AdminControl」が株式会社山陰合同銀行に採用されたことを発表した。

 山陰合同銀行は、システムリスク管理態勢を強化する取り組みを進めているという。その取り組みの一環として、外部ベンダによるシステム運用作業に対する証跡とアクセス管理の強化を目的に、ETのIT統制ソリューションを採用したとしている。

 「ESS REC」と「ESS AdminControl」は特権ID(システム管理者の権限を有する特別なIDアカウント)を使ったシステム運用作業を統合的に管理することで、IT統制の高度化とシステムリスク管理態勢の強化を可能にするソリューション。

 「ESS REC」はシステム運用中の作業内容を動画とテキストで記録する。Windowsの操作画面やUNIX、LinuxのGUI画面を利用した作業も動画形式で記録し、より精度の高い点検・監査を可能にする。また、操作中のミスや不正に対して、アラート送信や画面ロックなどリアルタイムの対応策を提供するほか、マルチプラットフォームをサポートし、シンクライアント、仮想化環境にも対応していて様々なシステムでの証跡管理ができる。専用の再生ツールや記録データの分析レポート生成により、俯瞰的な点検から気になる個所の詳細な確認までを可能にする。

 「ESS AdminControl」は、パスワードを隠ぺいしたまま特権IDの貸し出しを可能にし、共有型IDを利用した場合でも使用者の特定を可能にする専用クライアントツール。貸し出した特権IDのパスワードは定期的に自動でランダム化を実行する。管理対象のサーバに影響を与えないエージェントレスアーキテクチャとなっているほか、電子化されたワークフローを利用し、特権ID使用の承認プロセスを職務分掌に沿って実施する。また、レポーティング機能により、未承認の特権ID使用など不正アクセスを容易に点検・監査可能となっている。

 同ソリューションの採用の決め手として、作業の克明な記録と点検・監査の実施と、ワークフローを活用した承認ベースの特権ID貸し出しの仕組みを構築できる点を挙げている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フォレンジック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

「フォレンジック」関連の製品

フォレンジックソリューション 【ギガ】 NetRAPTOR 【トーテックアメニティ】
フォレンジック フォレンジック
ネットワークフォレンジックで最も重要な通信データの証跡を、長期間確実に、かつ低コストで保存できるようにワンパッケージとしたソリューション。 大容量データも逃さずキャプチャ。添付ファイルも含めた日本語全文検索、リアルタイム通知など、機能充実の国産ネットワークフォレンジックサーバ。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048327


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ