ウェイズジャパン、クラウドファイルマネジメントをADFS等と連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェイズジャパン、クラウドファイルマネジメントをADFS等と連携


掲載日:2013/07/03


News

 株式会社ウェイズジャパンは、様々なストレージサービス上のファイルの一元管理と効果的な活用を支援する、クラウドファイルマネジメントサービス「BAZA CLOUD」と、日本マイクロソフト株式会社が提供するクラウドサービス「Windows Azure ストレージ」「Active Directory フェデレーション サービス(ADFS)」とのサービス連携を開始する。

 「BAZA CLOUD」は、認証連携プロトコル“SAML”(Security Assertion Markup Language)にも対応し、今回、Webベースのシングルサインオン(SSO)ソリューション「ADFS」との認証連携が、SAML2.0 SP-initiated方式で動作検証されている。

 今回、アップロードしたファイルの保存領域を外部ストレージサービスに設定できる、「BAZA CLOUD」の“ストレージ連携機能”の接続先として「Windows Azure ストレージ」を選択できるようになった。利用者は、複数のデータセンタに分散・冗長化された高信頼なシステム「Windows Azure ストレージ」を利用し、“アップロードファイルの自動暗号化”や、ログイン時やファイル配信時に利用できる“認証強化機能”を活用して、企業で利用するファイルのセキュリティ向上をサポートする。

 また、「ADFS」との認証連携が行なわれることで、既存のActive Directoryを使用して「BAZA CLOUD」への認証を行なえ、アクセス時の負荷軽減を図れる。また、「Office 365」との連携も2013年秋にリリースされる予定で、例えばWordで作成したファイルを終了時に「BAZA CLOUD」に自動アップロードし、そのファイルを「BAZA CLOUD」内で検索してSharePointを使用してユーザ間でより簡単に共有できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 ATOK、一太郎で培われた言語処理技術を集結 校正支援ツールの劇的な効果_Just Right! 【ジャストシステム】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 A4文書100枚をわずか10秒で校正、品質と業務効率を両立する支援ツールとは? ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048311


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ