あとらす二十一、国内ECサイトのデバイス対応状況調査を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


あとらす二十一、国内ECサイトのデバイス対応状況調査を発表


掲載日:2013/07/03


News

 株式会社あとらす二十一は、ECサイトのマルチデバイス(スマートフォン/タブレット)対応状況及びスマートフォンECサイトのトップページ掲載機能について、国内で公開されている334のECサイトを調査したと発表した。

 調査期間は5月15日〜5月30日で、調査方法はスマートフォン/タブレットによる目視になっている。

 同調査のまとめによると、ECサイトのスマートフォン対応率は約6割で、タブレット対応(専用サイト構築)率は1%であること、通販・小売など流通業はECサイトのスマートフォン対応に積極的であること、メーカー系ECサイトは半数以上がスマートフォン未対応であること、ファッション・アクセサリーを取り扱うECサイトスマートフォン対応率は9割であるとしている。PC/スマートフォン表示切り替えは、約75%のスマートフォンECサイトがトップページに設置していて、そのうち8割以上はページ下部に設置しているという。

 同社は、国内ECサイトでは、ECサイト全体のスマートフォン/タブレット対応について、スマートフォン対応への積極性に対しタブレット対応へは消極的で、ほとんどのECサイトがPCサイトを表示していると伝えている。業態別にECサイトのスマートフォン対応率を比較したところ、メーカーが自主運営しているECサイトはPCサイトのみ提供しているケースが多いほか、メーカーのECサイトのスマートフォン対応率は46%、通販専業のECサイトのスマートフォン対応率は85%であるとしている。取扱商品別のECサイトのスマートフォン対応率では、食料品や家庭用品、家電などを中心に取り扱うECサイトで、比較的PCサイトのみ提供しているケースが多いという。

 また、スマートフォンECサイトのトップページ設置機能について、“PC/スマホ 表示切り替え”“ログイン”“グローバルナビ”“メインイメージ”は、いずれも約7割のスマートフォンECサイトが掲載しているという。“PC/スマホ 表示切り替え”はページ下部に設置しているのが大半であることや、“ログイン機能”は、ページ上部に設置することが大半であることを指摘しているほか、“グローバルナビ”を上下に設置しているサイトは2割を超えるとしている。商品検索設置場所商品検索は、上下部に設置している場合を含めると、8割を超えるサイトがページ上部に設置していると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例 【SAPジャパン】
バックアップツール テレビ会議/ビデオ会議 ファイアウォール ファイアウォール ERP
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048294



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ