SAS、勤務/労務管理システムをWeb化しSaaSとオンプレミスで発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAS、勤務/労務管理システムをWeb化しSaaSとオンプレミスで発売


掲載日:2013/07/03


News

 エス・エー・エス株式会社(SAS)は、勤務/労務管理システム「勤労の獅子」をWeb化対応し、発売した。

 「勤労の獅子」は、複雑な労働条件や就業規則に柔軟に対応し、適切な勤務/労務管理を支援するパッケージソフトウェア。

 今回、クラウドサービス(SaaS)と自社導入の2タイプが用意され、ユーザの業種/業態やセキュリティポリシーなどに適したシステム形態を選択できる。ライトユーザへは基本機能を絞り込むことで価格を抑え、ヘビーユーザへは様々なオプション機能で勤務/労務管理業務を支援する。

 価格は、クラウドサービスが従業員1名あたり月額100円からで、自社導入が50万円から。


出荷日・発売日 2013年7月1日 発売
価格 −−−

「エス・エー・エス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 jinjer勤怠 【ネオキャリア】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 勤怠管理は必要な機能だけ導入――在宅勤務対応から生体認証まで 【日本アクセス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 勤怠管理は必要な機能だけ導入――低コストで在宅勤務対応から生体認証まで

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048275


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ