リコー、コンパクトで毎分28枚のモノクロレーザープリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、コンパクトで毎分28枚のモノクロレーザープリンタを発売


掲載日:2013/07/02


News

 株式会社リコーは、モノクロレーザープリンタの新製品「RICOH SP 2100L」を7月16日に発売する。価格はオープン価格。

 「RICOH SP 2100L」は、幅370mm×奥行き392mm×高さ262mmとコンパクトサイズながら、連続出力速度は毎分28枚(A4)の高い生産性を両立しているほか、ファーストプリント速度は8秒以下で、単ページ帳票などの出力が多い業務にも適している。白と黒の2トーンカラーを採用し、スタイリッシュさを強調するデザインを採用しているほか、背面は凹凸の少ないすっきりとした外装で、置き場所を問わず、オフィスに調和する。

 60枚の用紙をセットできる手差しトレイを標準搭載し、本体トレイの300枚と合わせて最大360枚給紙でき、大量出力業務にも対応するほか、トータル20万ページの高耐久性を達成している。ニーズに合わせた2種類の容量のトナーが用意されていて、新しく用意された大容量トナー使用時は、1枚あたりのコストを3.8円に低減できる。

 用紙残量インジケーターを備え、紙の残量が容易に分かり、用紙補給のタイミングを簡単に把握できるほか、状態表示ランプを採用し、高い所や机の下など、場所を問わずプリンタの状態を把握できる。また、トナー交換や用紙補給など、日常的なプリンタの操作やメンテナンスは前面からの操作のみで行なえるほか、トナーと感光体が一体型の“オールインワントナーカートリッジ”を採用し、交換の手間や管理の負担軽減を図れる。基本設定を1画面で行なえる、アプライアンスドライバを備え、集約や両面などの設定も簡単に操作できる。

 標準消費電力量(TEC)は1.54kWhに削減されているほか、バイオマス資源を原料にしたバイオマスプラスチックを本体のパーツに採用し、製品のライフサイクルで排出されるCO2削減を支援する。また、“エコマーク”を取得しているほか、“国際エネルギースタープログラム”“グリーン購入法”“欧州RoHS指令”にも適合している。


出荷日・発売日 2013年7月16日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048273


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ