DNPなど、本人確認マルチカードスキャナ用ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNPなど、本人確認マルチカードスキャナ用ソフトの新版を発売


掲載日:2013/07/02


News

 大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社DNPアイディーシステムは、金融機関での口座開設時などの本人確認業務に使用する「本人確認マルチカードスキャナ」のソフトウェアをバージョンアップした「MCモニター10 SP2」を発売した。

 今回のバージョンでは、運転免許証や住民基本台帳に加え、在留カード/特別永住者証明書/新運転経歴証明書でも真贋判定を行なえるようになった。

 1台のPCで複数台のマルチカードスキャナを制御できる。また、PDF作成ツールを使ってPDFデータを保存できるため、本人確認記録書や口座開設票などの各種帳票の印刷が不要になり、ペーパーレス化を図れる。

 帳票のデザインを複数種類から選択できるようになった。また、使用後に一定時間経過(最大999秒)した場合、初期画面を表示させることができる。

 運転免許証に限り、ICチップ内の顧客情報を自動的にCSVファイルに変換して保存できる。また、暗証番号を入力することで、ICチップ内の顔写真の情報をプリントできるため、券面の顔写真とICチップの顔写真の照合結果を帳票として保存できる。

 オプションで、スキャナで読み取った運転免許証の券面情報から文字の形状を識別し、コンピュータで扱える文字データに自動変換するOCR(Optical Character Recognition)機能を搭載でき、キーボード入力の負荷を軽減できる。

 価格は、「MCモニター10 SP2」が1万4800円、オプションのOCR機能がオープン価格。


出荷日・発売日 2013年7月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 指ハイブリッド認証 【NEC】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048268


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ