ボーダフォン、“第1回 M2M普及バロメーター”調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ボーダフォン、“第1回 M2M普及バロメーター”調査結果を発表


掲載日:2013/07/02


News

 英Vodafone Group PLC(ボーダフォン・グループ)は、2013年度から“M2M普及バロメーター調査”を開始し、第1回目の調査結果を発表した。

 今回の調査は、B to B専門の調査会社であるCircle Researchによって、自動車、エネルギー及び公益事業、製造、運輸・物流、小売の主要5業界を対象に、欧州、アジア太平洋及び米州の全域でM2M戦略の立案に携わる企業幹部327人を対象に実施されたとしている。

 同調査報告書では、今後の短期的観点からのM to M導入推進要因として、3つの重要なトレンドを取り上げていると伝えている。1つには、関連ハードウェア価格の低下がM to Mの導入を大きく加速させる原動力となるということ。また、M to Mの普及率は中小規模企業で特に高くなると見られ、今回の調査でもその割合は現在までに幅広く導入されている大企業の普及率を、今後2年間で上回る見通しであるということ。もう1つには、製造業及び家電業界におけるM to M市場の成長を挙げている。

 地域別に見たM to Mの普及状況及び変化として、現時点で米州地域で最も幅広く採用されているが、今後2年間でアジア太平洋地域がこの割合を上回ると見られるとしている。また、欧州地域での導入も加速し、アジア太平洋地域に迫る勢いで拡大していくものと考えられると伝えている。

 すでにM to Mを活用している企業からは、大きなメリットとして業務効率化やスピードの改善、顧客サービスの向上などが挙げられている一方、導入が未だ計画段階にある企業からは、最も期待するメリットとしてコスト削減、業務効率化、競争力強化の3つが挙げられているとしている。導入に際しての最大の障害としては、現時点ではコストの増大やセキュリティに対する懸念が挙げられているものの、報告書では普及が拡大するにつれてこれらの要因は解消されていくことが示されていると伝えている。

 業界別の導入率では、コネクテッドカーが拡大している自動車業界(19%)が最も幅広く導入されているとし、次いで、エネルギー&公共事業(13%)、運輸・物流業界(12%)、製造・家電業界(11%)、コンシューマー商品及び小売業界(10%)の順となっているとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 【イノーバ】 BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】
BI 認証 開発環境/BaaS CMS サーバー仮想化
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048257



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ