FireEye、高度なサイバー攻撃の発信源を特定する攻撃特性を公表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FireEye、高度なサイバー攻撃の発信源を特定する攻撃特性を公表


掲載日:2013/07/02


News

 米ファイア・アイ(FireEye)は、“Digital Bread Crumbs:Seven Clues To Identifying Who's Behind Advanced Cyber Attacks”(サイバー攻撃者の足跡:高度なサイバー攻撃の発信源を特定する7つの手がかり)と題するレポートを公開したと発表した。

 同レポートでは、高度な攻撃の“足跡”を分析し、攻撃のパターンや攻撃者の行動、攻撃手法を明らかにしているという。攻撃の特性は、攻撃者の振る舞い、マルウェア・メタデータ、キーボード・レイアウトなど7つのカテゴリに分類でき、これらの情報を利用することで攻撃の発信源である国や地域を特定できるとしている。レポートではマルウェア・メタデータを分析し、業界では知られているという中国のハッカー・グループ“Comment Crew”の攻撃手法を明らかにしている。 同グループは今年初め、米国政府に対して一連のサイバー攻撃を仕掛けたとされていると伝えている。

 FireEyeは、高度なサイバー攻撃から機密データや知的財産を保護するには、攻撃の発信源や手法、目的を把握することが重要であるとし、個々の証拠を結びつけて全体像を把握すれば、複雑な攻撃であってもその発信源特定ができるとしている。ただしそのためには、何を探すべきかを理解していることが求められると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SFAを活用した脱Excelの顧客管理法が営業にもたらす5つのメリット_JUST.SFA 【ジャストシステム】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 【アドビ システムズ】 必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 【アドビ システムズ】
SFA PKI ワークフロー 文書管理 ワークフロー
名刺管理とSFAをつなげることで実現する「脱Excelの顧客管理法」によって、これまでの営業活動が具体的にどう変わるのか。5つのメリットを取り上げて解説。 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 契約業務を完全デジタル化する方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048247



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ