KDDI、日本〜シンガポール間光海底ケーブルの運用開始を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、日本〜シンガポール間光海底ケーブルの運用開始を発表


掲載日:2013/07/02


News

 KDDI株式会社は、日本をハブとしてシンガポールなど東南アジアのデータセンタと米国西海岸のデータセンタとの間を最短ルートで接続する光海底ケーブル「South-East Asia Japan Cable(SJC)」 の運用を6月27日より開始したと発表した。

 「SJC」は、日本とシンガポールを接続し、東南アジア全域(中国本土、香港、フィリピン、ブルネイ、シンガポール、タイ(計画中))に分岐する、総延長約8900kmで28Tbpsの大容量通信を可能とする光海底ケーブル。約300万本の高精細映像を同時にストリーミング視聴できる転送速度だという。

 これにより、アジア圏において高精細映像を含む超高速インターネットやイントラネット需要に対応し、大容量かつ広帯域を使用する通信が可能になると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048246



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ