この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Red Hat、第1四半期の業績を発表


掲載日:2013/07/01


News

 米Red Hat,Inc.は、5月31日に終了した2014会計年度第1四半期の業績を発表した。

 第1四半期の総売上は、前年同期比15%増の3億6300万ドルで、為替変動の影響を除いた実質ベースでは17%増だったとしている。また、サブスクリプション売上は前年同期比16%増の3億1600万ドルで、実質ベースでは18%増だったと伝えている。

 GAAPベースの営業利益は、前年同期比11%増の5700万ドルだったとしている。株式報酬、償却の支出及び施設退去費用に関する調整後では、非GAAPベースの営業利益は前年同期比7%増の8700万ドルで、GAAPベースの営業利益率は15.6%、非GAAPベースの営業利益率は23.9%だったと伝えている。

 また、純利益は、4000万ドル(希薄化後1株あたり利益は21セント)だったが、前年同期は3700万ドル(希薄化後1株あたり利益は19セント)だったという。の非GAAPベースの純利益は、株式報酬、償却の支出及び施設退去費用に関する調整後では、6200万ドル(希薄化後1株あたり利益は32セント)だったとしている。これに対して、前年同期は5800万ドル(希薄化後1株あたり利益は30セント)だったと伝えている。

 営業キャッシュフローは、1億4200万ドルだったが、前年同期は1億2400万ドルだったとしている。総前受収益残高は10億6000万ドルで、前年度比で16%増となったと伝えている。第1四半期に普通株式約360万株を約1億7900万ドルで買い戻した結果、現金、現金同等物及び投資の総額は5月31日現在で12億2000万ドルだったとしている。

 同社は、第1四半期は売上高、利益ともに目標を超えたとし、クラウドを中心とした新しいデータセンタ事業におけるアドレッサブル市場を拡張させる、という戦略を実行したという。

 更に、オープンハイブリッドクラウドにおけるテクノロジ提供のために長期的成長への投資を続けており、特に、クラウド管理、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」及びPaaSである「Red Hat OpenShift」の研究開発投資にも注力しているという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048204



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ