Skeed、大容量高速ファイル送達ソフトにファイル収集機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Skeed、大容量高速ファイル送達ソフトにファイル収集機能を追加


掲載日:2013/06/28


News

 株式会社Skeedは、大容量高速ファイル送達ソフト「SkeedFileMessenger」に、ファイル収集機能を標準機能として追加し、発売した。

 「SkeedFileMessenger」では、セキュリティを確保しながら、高速に大容量ファイルを授受できる。今回、更に同時に100件までのファイル収集を容易に行なえる標準機能が付加されたことで、ゲストユーザ登録不要で、1回限り利用できるURLとパスワードを発行し、記載メールを100名まで同時に送信できる。これにより、基本ユーザ(管理者とスタンダードユーザ)は、ファイル収集元の担当者をゲストユーザ登録したり、別途ログイン・IDを伝える手間が不要になるほか、基本ユーザに大容量ファイルを送りたい未登録ユーザは、受信メールに記載されたURLとログイン・IDから1回のみ「SkeedFileMessenger」を利用できる。

 また、標準機能として、内部DBの自動バックアップ機能や、処理負担の大きい定期タスクのスケジュール実行を任意に指定する機能が追加された。

 基本ユーザを20名まで登録できるライセンスを含む「基本ライセンス」の価格は、105万円(税込)。


出荷日・発売日 2013年6月27日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048176


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ