日立、中小規模システムのサーバ仮想化環境構築向け製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、中小規模システムのサーバ仮想化環境構築向け製品を出荷


掲載日:2013/06/27


News

 株式会社日立製作所は、統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」(UCP)で、中小規模システムのサーバ仮想化環境の構築向けに、「Hitachi Unified Compute Platform かんたん仮想化モデル」(UCP かんたん仮想化モデル)の出荷を7月31日に開始する。価格は773万7000円から。

 「UCP かんたん仮想化モデル」では、VMware vSphereやMicrosoft Windows Server 2012 Hyper-Vを使用したサーバ仮想化環境のノウハウを活用することで、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせた事前検証済みの構成から、システム規模などに応じて選択し、ユーザのシステム要件に合わせた調整が適宜行なわれて提供され、発注から最短10営業日で提供でき、効率的なIT投資と、事業環境の変化への迅速な対応を支援する。

 中小規模のプライベートクラウドやサーバ統合などのシステム基盤を対象に、仮想サーバ数は4〜64の範囲で、サーバ仮想化ソフトウェアはVMware vSphereまたはHyper-Vから選択できる。ユーザのシステム要件に合わせて、仮想サーバ数やストレージの論理ボリューム数など、リソースの割り当てを調整できるため、ユーザのニーズに適したシステム基盤が提供される。発注から最短10営業日で納入でき、システム環境の構築と基本設定が済まされて提供されるため、納入後すぐに利用開始できる。なお、Hyper-Vを使用したサーバ仮想化環境は、Microsoft Private Cloud Fast Trackに準拠する。

 運用管理を効率化する運用支援マニュアルや、操作トレーニングが提供されるとともに、物理サーバの運用と同等程度の操作性で容易にサーバ仮想化環境を運用できる管理ソフトウェア「VM Simple Console utility」が標準で添付される。これにより、サーバ仮想化環境の運用に習熟した担当者の確保が困難で、1人のハードウェア管理者がシステム全体の運用を任せられる場合が多い、中小規模のシステムを構築する場合も、運用の容易化を図れる。


出荷日・発売日 2013年7月31日 出荷
価格 773万7000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

リソース管理の弱点は? 仮想化基盤の“健康診断”が必要な理由 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 VMware環境を“ 健康” にする 定番の環境管理ツールをマスター! 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣 【ネットワールド】 仮想化基盤とリソースを一元管理「VMware vRealize Operations」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 実践企業が教える「仮想化健康診断」の賢い活用法 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化
目の当たりにして驚く仮想基盤の大いなる無駄と運用最適化への道 担当者が一皮むけるVMware環境の新定番ツール“超使いこなし” 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣 広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。 事例で解説:仮想環境には”健康診断”が必要不可欠だった!

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048150


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ