キヤノンITS、複雑な設定不要のクラウド型需要予測サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、複雑な設定不要のクラウド型需要予測サービス提供


掲載日:2013/06/26


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、クラウド型需要予測サービス「iFOREMAST」の提供を7月1日に開始する。

 「iFOREMAST」は、需要予測SIコア「FOREMAST/DP」のエンジン機能を使用して、クラウドサービスとして提供される。「FOREMAST/DP」が搭載している自動予測モデル選択機能“DFCシステム”(Dynamic Forecast Model Change System)を採用したことで、複雑なパラメータの設定不要で適切な予測モデルが自動で選択され、数理技術に基づいた予測計算処理が行なわれ、予測結果が返される。対応する予測計算処理機能には、「FOREMAST/DP」で培われた、実績集計、実績統計計算、予測モデルの自動選択、継承(マイナーチェンジ)考慮、異常実績自動補正、月別・週別予測の日別案分、周期性(季節性)考慮といった機能が装備されている。

 予測計算処理を行なうエンジンがサービスとして提供されることで、売上げ実績に加え、様々な実績データを基に予測計算を行なえ、ビッグデータ用のシステム投資不要で、クラウドサービスを利用して手軽に活用できる。例えば、販売管理システムの売上げ実績データを基に販売予測を行ない、販売計画・在庫圧縮・需給調整に活用できるほか、コールセンタのコール数実績を基にコール数予測を行ない、要員調整に活用できる。また、POSデータ・来店データを基に来店予測を行ない、店舗運営に活用できる。

 ユーザの様々な実績データを「iFOREMAST」エンジンに投入し、予測計算の結果を取得するまでが自動化され、人手不要の“自動プロセス型”の利用形態に加え、Webブラウザを利用してアップロード・予測計算実行指示・結果データのダウンロードと一連の操作をユーザ自身がWeb画面で行なう“オンデマンド型”の利用形態の両方に対応する。また、「iFOREMAST」に入力する実績データなどの準備を導入支援する「コンシェルジュプラン」も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

SAP HANAユーザー待望の最大48TB搭載しインメモリ処理できる新型サーバの可能性 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 開発現場のボトルネックをAIで解消、「次世代超高速開発」の実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 消費者主導のデジタル変革にどう備える? 最優先課題と4つの成長要因 【SAPジャパン】 AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは? 【NTTコミュニケーションズ+他】 廃棄されてきた膨大なマシンデータ、それは新たな知見を得るための鉱脈だった 【Splunk Services Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
SAP HANAユーザー待望の最大48TB搭載しインメモリ処理できる新型サーバの可能性 開発現場のボトルネックをAIで解消、「次世代超高速開発」の実力を探る 消費者主導のデジタル変革にどう備える? 最優先課題と4つの成長要因 AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは? 廃棄されてきた膨大なマシンデータ、それは新たな知見を得るための鉱脈だった

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048104


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ