ネットワールド、VDIパッケージの1000デスクトップ版などを発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワールド、VDIパッケージの1000デスクトップ版などを発売


掲載日:2013/06/26


News

 株式会社ネットワールドは、実証済みVDI(仮想デスクトップ)オールインワンパッケージ「Networld VDX」を拡充し、発売した。

 「Networld VDX」は、VDIソフトウェアとサーバ/ストレージ/ネットワークが検証/サイジング済みで統合されたリファレンス・アーキテクチャをベースにしている。これに、I/Oとディスク容量のインライン重複排除とRead/Write双方のキャッシュ機能でVDI高速化とストレージ最適化を図るツール「Atlantis ILIO」や、ボトルネック発見を支援するVDI監視ツール「Stratusphere UX」、パフォーマンス管理ツール「Login VSI Pro」、OS/端末/ロケーション依存のないプロファイル管理ツール「ProfileUnity」などを組み合わせ、実機を用いた実証済みの構成で提供される。

 今回、1000デスクトップ同時利用可能な新モデル「Networld VDX for 1000 VDI」が発売された。また、従来は、VMware/Ciscoのサーバ/ネットワークやNetAppのストレージで構成される「FlexPod」をベースにしているが、今回、「Networld VDX for 1000 VDI」と500デスクトップ同時利用可能な「Networld VDX for 500 VDI」で、EMCのストレージを組み合わせる「VSPEX」をベースにしたモデルも発売された。

 価格は、「Networld VDX for 1000 VDI」が1億2800万円から、「Networld VDX for 500 VDI」が7340万円からで、いずれもMicrosoft VDAライセンス(3年分)を含む。また、利用者ごとに個別のデスクトップを提供するパーシステント形式でも利用できる。


出荷日・発売日 2013年6月25日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

VDI成功の3条件を実現する「転ばぬ先のアセスメント」 【日商エレクトロニクス】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 無料で出前セミナーまで実施、VDI導入支援サービスの最新事情 【ソフトバンク コマース&サービス】 全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】
VDI VDI VDI VDI VDI
VDIサイジング”あるある” 導入を失敗しないための切り札とは ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 デスクトップ仮想化、「物理PCよりもコストが増す」笑えない現実 VDI(仮想デスクトップインフラ)は運用工数削減やセキュリティ強化、柔軟な働き方を後押しする注目の技術だ。しかし導入失敗例も少なくない。成功/失敗の分かれ目とは? あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048098


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ