IPS、RDSに承認された、SAP ERPのクラウドパッケージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IPS、RDSに承認された、SAP ERPのクラウドパッケージを提供


掲載日:2013/06/26


News

 株式会社アイ・ピー・エス(IPS)は、同社が提供するSAP ERPのクラウドパッケージ「CloudOne」が、短期導入ソリューション「SAP rapid-deployment solution(RDS)」に承認されたと発表し、同製品の提供を開始した。

 「RDS」は、パラメータを事前に設定することで、短期間で新規導入や既存顧客への追加導入を行なえるソリューション。今回提供される「CloudOne」は、会計管理に加え販売管理と購買管理を含むSAP ERPパッケージで、“すぐに使える”情報基盤を求める企業や、小規模・少人数の国内・海外の拠点への導入を検討している企業を中心に提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「アイ・ピー・エス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「アイ・ピー・エス」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【ネットスイート】 オープンソース クラウドERP Odoo(オドゥー) 【Pro-SPIRE】 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations 【日立ソリューションズ】 GRANDIT 【双日システムズ】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 世界100カ国以上、5万社以上の企業が利用するクラウドERP。通常のERPではサポートされていない機能も網羅しており、改修コストを掛けずに、ユーザー自身が機能追加できる。 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048096


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ