採用:パイオニア、新運用管理システム移行にアシストを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:パイオニア、新運用管理システム移行にアシストを採用


掲載日:2013/06/26


News

 株式会社アシストは、パイオニア株式会社の運用システムのリプレースにともなう統合運用管理ツール「JP1」(開発元:株式会社日立製作所)のバージョンアップを支援し、新運用管理システムへ移行することに成功したと発表した。

 パイオニアは、カーエレクトロニクス事業、ホームエレクトロニクス事業を主軸とし、コンポーネントカーステレオ、市販GPSカーナビゲーションなどの製品の開発/販売を行なっている。

 同社では、「JP1」を利用して、グローバルに展開している生産拠点のシステムと国内の基幹系サーバとの連携管理をはじめとする様々なシステムの運用管理を行なっていた。運用管理サーバの老朽化にともない、サーバのリプレースと同時に「JP1」のバージョンアップを検討していたパイオニアの大きな懸案事項は、「JP1」上で実行している10万のジョブを安全に新システムへ移行し、移行後も安定運用を継続するということだった。

 パイオニアは、長期の安定運用を可能にするバージョン選定、移行リスクを抑えた事前準備/作業計画の提案、システム・リプレースに関する実績の3点を見込んで、現状調査、移行計画の策定、ジョブ移行まで、「JP1」のバージョンアップに関わる部分をアシストに依頼した。アシストでは、業務レベルに合わせて2段階に分け、ジョブを移行することに成功したと伝えている。また、技術的なノウハウが顧客企業に蓄積されることを目的としたアシストのスキル・トランスファー型の支援と、プロダクト・サポート・サービスが、ミッション・クリティカルなグローバル運用の継続的な安定稼働を可能にしたことも高く評価されているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

【マンガで解説】終わりの見えない保守サイクルの脱出法 【日本アイ・ビー・エム】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048090


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ