提携:ナイトレイ、インフラの開発とビジネス化で富士通と協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ナイトレイ、インフラの開発とビジネス化で富士通と協業


掲載日:2013/06/26


News

 株式会社ナイトレイは、富士通株式会社と位置情報データを始めとしたビッグデータ活用インフラの開発とビジネス化に向けて協業し、サービス連携と共同開発を開始することを発表した。

 ナイトレイは、ソーシャル位置情報データ収集解析エンジン「T-Rexa」(トレクサ)を運営することで、人々の行動情報に関するロケーションDBやその解析・利用ノウハウを保有しており、それらを富士通が保有する位置基軸のデータ活用基盤である「SPATIOWL」や、ビッグデータ・イニシアティブ・センター構想と連携することで利用環境の整備、商品価値の向上、収益化の加速が期待できることからサービス連携と共同開発を開始するとしている。

 「SPATIOWL」は、走行する車両からのプローブ情報、人や施設の情報、センサ情報、インターネット情報など、収集される大量の位置情報を活用し、新たな価値を提供するサービス。

 同連携により、ビッグデータに関する収集や利用手段において先進的事例の開発を目指す。先行事例の1つとして、ナイトレイがこれまで行なってきた横浜市の観光イベント“横浜開港祭”のクチコミ解析において、「T-Rexa」によるデータ解析・ビジュアライズに加え、富士通の「SPATIOWL」を連携させることで、イベントの事前・事後検証、波及効果の把握・分析・応用手法についての様々な提案や付加価値の向上を行なうことを、目指していく予定であるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 フィルタリング
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048080



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ