シマンテック、中小規模企業のIT信頼感指数に関する調査を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、中小規模企業のIT信頼感指数に関する調査を発表


掲載日:2013/06/25


News

 米シマンテックコーポレーションは、“グローバルにおける中小規模企業のITに対する信頼感指数”(2013 Global SMB IT Confidence Index)を発表した。

 今回発表された調査結果によると、ITに対する信頼感指数が高い中小規模企業(従業員数10名から250名)ほど、ビジネスの発展のためにITをより効果的に活用し、結果的により大きな成果を享受していることが明らかになった。

 同調査では、世界の中小規模企業約2500社を対象にITに対する姿勢を調査し、各社からの回答を“中小規模企業のITに対する信頼感指数”としてまとめたとしている。この指数は、中小規模企業が戦略的なビジネス目標を達成するために、どの程度の信頼感をもってITを活用しているかを測るものであるという。

 調査結果により企業は3層のグループに分けられ、“第1層グループ”と“第3層グループ”の差異から、IT信頼感指数の高い層ほどITを戦略的に活用し、自社のビジネス発展に役立てていることがわかったと伝えている。

 また、日本の中小規模企業の回答結果からは、グローバルの第3層グループと比較しても総じて低い信頼感指数が算出され、日本の中小規模企業はIT活用に消極的なことが判明したとしている。

 第1層グループの83%が、“戦略的なビジネス推進要素としてITを活用している”と回答したのに対し、第3層グループでは44%、日本企業においては42%となっていると伝えている。

 また、第1層グループは、クラウドやモバイルなどのコンピューティングプラットフォームや高品質なITインフラを導入し、これらの潜在的リスクを認識した上で、革新的なテクノロジに価値を見出し、投資する傾向が強くなっているとしている。

 更に、第1層グループの81%が“コンピューティングの戦略的活用によるビジネスの推進は市場シェアの拡大にある程度、または非常に効果的であった”とし、78%が“自社はある程度、または非常にセキュアである”と回答したほか、サイバー攻撃を原因とする年間の損失が低いことに加え、ストレージ管理やバックアップ処理時間、災害対策などの点において、ITの複雑さによる影響を受けた割合も第1層グループは第3層グループと比べて少ないことが判明したとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048047



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ