採用:ワイズマン、JS3のプライベート認証局などを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ワイズマン、JS3のプライベート認証局などを採用


掲載日:2013/06/24


News

 株式会社 JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(JS3)とマクニカネットワークス株式会社は、株式会社ワイズマンが、JS3が自社開発したプライベート認証局「プライベートCA Gleas」(Gleas)及び米ジュニパーネットワークス社のSSL-VPN製品「Juniper Networks MAG Junos Pulse Gateway」(Juniper MAG)を採用したことを発表した。

 ワイズマンは医療機関、介護・福祉施設向けシステムの開発と販売、サポートを行なっており、営業担当者が社外からユーザに細かいサポートをできるよう、以前よりノートPCと通信カードを配布していた。しかしPCを起動してオンラインにするまで時間がかかり迅速に利用ができないため、その対応策としてスマートデバイスの導入が決まったという。

 ワイズマンがスマートデバイス導入にあたり重視したのは、セキュリティとノートPC利用時に課題であった利便性の向上だった。これらの課題を解決するための組み合わせとして、ワイズマンは「Juniper MAG」と「Gleas」を採用した。採用を決定したのは、両製品の導入実績が多いこと、「Gleas」はプライベート認証局でありながらMDM(Mobile Device Management:モバイル機器管理)機能を備えていること、「Juniper MAG」は小規模な利用にも適したライセンス体系と使いやすい製品ラインアップを用意していることが主な理由だったという。

 JS3は、ワイズマンが推進するスマートデバイスの活用において継続的な支援ができるよう「Gleas」の販売パートナーであるマクニカネットワークスとの連携を強化するとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 AXIOLE 【ネットスプリング】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 指ハイブリッド認証 【NEC】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048007


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ