採用:パナソニック、パナソニックISのM to M技術を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:パナソニック、パナソニックISのM to M技術を採用


掲載日:2013/06/21


News

 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社(パナソニックIS)は、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社製「【公共・産業用】リチウムイオン蓄電システム」の遠隔監視・エラー通報機能として、パナソニックISのM to M技術が採用されていることを発表した。

 同遠隔監視・エラー通報機能は、「【公共・産業用】リチウムイオン蓄電システム」の稼動データをネットワーク経由で常時収集するもの。機器の発熱や不具合があった場合には警報メールを自動配信し、必要に応じて提携会社が修理対応するなど、迅速なシステム復旧をサポートする。

 パナソニックISは、環境監視ソフトウェア「eneview」の基盤技術であるM to M技術を応用し、設備の遠隔監視・制御サービス事業を推進している。今回の遠隔監視・エラー通報機能は、“業務用エコキュートの遠隔監視サービス”に続く、当該事業の第2弾となる。

 東日本大震災以降、非常用電源の設置要望が高まっていることを受け、「【公共・産業用】リチウムイオン蓄電システム」は東北を中心とする防災拠点への納入が進められているという。同機能はすでに試験的に導入されており、引き続き導入が進められる予定であるとしている。“もしもの時”の確実な稼動が求められる中、パナソニックISはこの機能を通して、安心してリチウムイオン蓄電システムを利用できる、信頼性のある災害対策環境を広げていくとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047987


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ