採用:JR東日本、アールシステムの法人向け通訳サービスを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:JR東日本、アールシステムの法人向け通訳サービスを導入


掲載日:2013/06/21


News

 株式会社アールシステムは、法人向け多言語通訳サービス「テルテルコンシェルジュ」が東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の都内主要駅で導入されたと発表した。

 「テルテルコンシェルジュ」は、英語、中国語、韓国語と日本語の相互通訳ならびに日本語手話の4言語を提供している。

 JR東日本では、サービス品質の改革を経営の重要な柱と位置付けており、顧客が安心して快適に鉄道を利用できるように取り組んでいるという。今回は同取り組みの一環として、Apple社のタブレット端末を活用した遠隔手話通訳サービスを柱に英語・中国語・韓国語の多言語対応を行なうという。

 なお、今回の試行導入期間は、6月17日から2014年3月31日までを予定しており、サービスを提供するエリアについては、山手線内東京駅、品川駅、上野駅、池袋駅、新宿駅、渋谷駅、秋葉原駅の各インフォメーションセンターや総合案内カウンターなど、JR東京総合病院となると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047981


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ