ET、システム管理向け本人確認で“PC/SC”を採用した新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ET、システム管理向け本人確認で“PC/SC”を採用した新版を発売


掲載日:2013/06/21


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(ET)は、システムログオン認証後に実際の操作者を確認・記録する本人確認ソリューションの新バージョン「ID Inspector V1.4」を発売した。参考価格は一式で約120万円から。

 「ID Inspector」は、システム管理業務で、特権IDなどの共有IDを使用する場合に、個人のID・パスワードに加えスマートカードを併用して使用者を特定する、より厳格な本人確認を行なえるソリューション。今回の新バージョンでは、Windows標準のスマートカードインターフェース“PC/SC”(Personal Computer/Smart Card)を採用し、スマートカードへの対応が拡充され、従来のFeliCaカードに加え、MIFAREに代表されるISO/IEC 14443 Type Aや、住民基本台帳カードで採用されたISO/IEC 14443 Type Bといった非接触型カードと接触型カードに対応できる。


出荷日・発売日 2013年6月19日 発売
価格 参考価格:一式で約120万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047968


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ