セイコーエプソン、次世代プリントヘッドの新規生産ラインを立上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セイコーエプソン、次世代プリントヘッドの新規生産ラインを立上


掲載日:2013/06/21


News

 セイコーエプソン株式会社は、日本国内の2拠点にインクジェットプリンタ用のコア部品である次世代プリントヘッドの新規生産ラインを構築、量産を開始したと発表した。まずは2013年度に発売するビジネス系と産業系のプリンタから順次搭載していく予定であるという。

 今回量産を開始した次世代プリントヘッドは、同社のインクジェットプリンタの技術と最先端のMEMS(Micro Electro Mechanical Systems:微少電気機械システム)製造技術とを融合させ、高精度・高耐久・幅広いインク対応性というマイクロピエゾヘッドの従来からの特性を継承しつつ、小型化・高精度・高コストパフォーマンスを追求したものであるとしている。また、今後の超高精度化、高密度化に向けた基本技術も確立しており、エプソン製インクジェットプリンタの基本性能を向上させるプラットフォームとして、長期的な観点で進化させていくという。

 この次世代プリントヘッドは、アクチュエーターを形成するピエゾ材料の開発から独自に行なっており、生産には、超微細MEMS加工や正確かつ精密な装置制御など、高度な技術が求められるという。また生産ラインの立ち上げも難度が高いとしている。このため、生産ラインは同社の技術開発の集積地である日本国内に立ち上げ、諏訪南事業所(長野県諏訪郡富士見町)と東北エプソン株式会社に、2011年度から2013年度までの3年間で総額約160億円の投資を行なうという。

 諏訪南事業所では、プリントヘッド製造の前工程を受け持ち、コアとなる超微細MEMS構造部の製造を行なう。一方東北エプソンでは、後工程としてプリントヘッドの組み立て作業を行なうが、同社のFAロボット技術で完全自動組み立てラインを構築することで、生産性と品質についても向上を図っているという。このように、日本国内で一貫生産を行なうことで、次世代プリントヘッドに関する技術的ノウハウの蓄積を図るとともに、生産技術を盤石なものとし、コア部品製造の役割を担う国内生産拠点の競争優位性を更に向上させていくことも狙いであるとしている。

 今回の生産投資は、長期ビジョン“SE15”及び”SE15後期 新中期経営計画”で目指すインクジェットプリンタの事業領域強化・拡大に向けて重要な意義を持つものであると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは 【ネットワールド】 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 【ビッグローブ】 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” 【ビッグローブ株式会社】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】
DevOps IaaS/PaaS IaaS/PaaS 垂直統合型システム 垂直統合型システム
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入はどこまで容易になるのか? ITも競われる国際ヨットレース、勝利の鍵を握るハイパーコンバージド製品は?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047964



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ