デジタルハーツ、受注体制の規模拡充のため京都Lab.を移転し増床

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタルハーツ、受注体制の規模拡充のため京都Lab.を移転し増床


掲載日:2013/06/21


News

 株式会社デジタルハーツは、受注増加に対応するため、サービス提供体制の強化とともに、ユーザのニーズに対してスピーディかつ柔軟に対応することを目的として、7月に京都Lab.(ラボ)を移転し、増床することを発表した。

 デジタルハーツは、主にコンシューマゲーム・モバイルコンテンツ・アミューズメント機器を対象に、利用者目線による動作テストを通じて不具合を検出・報告する「ユーザーデバッグサービス」を提供している。

 同社は、デバッグ需要増加への対応及び「サイバーセキュリティサービス」の提供体制の増強を目的とし、7月に笹塚Lab.を増床することとなっているが、今回、コンシューマゲーム関連の受注増加が見込まれるとして、更なるサービス充実を図るため、京都Lab.においても移転・増床することを決定したという。これにより、同Lab.はこれまでの2倍以上の規模になると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 【ジュニパーネットワークス株式会社】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】
ネットワークスイッチ 検疫 データセンター運用 ネットワーク管理 ID管理
サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047962



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ