村田機械、遠隔保守/監視に最適化したVPN管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


村田機械、遠隔保守/監視に最適化したVPN管理システムを発売


掲載日:2013/06/20


News

 村田機械株式会社は、遠隔保守/監視に最適化したVPN管理システム「GriDRIVE VMS」を、ムラテック販売株式会社を通じて発売した。

 「GriDRIVE VMS」は、特定の機器間を安全にオンデマンドで接続する“GriDRIVE M2M VPN”を構築するための「専用GriDRIVE端末」と、同端末の登録/設定やログなどを集中管理する「専用VMS CMサーバパッケージソフトウエア」、インターネット回線を利用してIPv6/m2m-xで安全に通信できる「GriDRIVEサービス」をパッケージにしたサービス。

 「専用GriDRIVE端末」は、有線LANタイプと有線+Wi-Fi内蔵タイプの2種から選択できる。また、保守/監視対象がWindows Embeddedを使用している場合は、“GriDRIVE VPN Software”をインストールすることで、外付けの同端末を使用せずに“GriDRIVE M2M VPN”を利用できる場合がある。一方、同端末にLinuxアプリケーションを実装することもでき、PLCを直接制御するなど、制御用PC不要の環境も構築できる。

 「専用サーバパッケージソフトウエア」は、同端末を管理でき、個々の接続の許可やグループ化などを設定できる。

 「GriDRIVEサービス」では、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供するm2m-xを利用し、同端末を経由し安全な経路(IPsec)で、既存のネットワーク環境を変更せずに、指定した機器だけをオンデマンドで接続できる。企業内のVPNに加え、企業間の特定機器だけを接続するなど、安全性を損なわずにネットワーク利用の自由度を高められる。

 導入時のシステム変更の負担を軽減するために、仮想アドレスで各VPNグループを紐付けることで、ローカルアドレスが重複した場合でも通信でき、設置先環境へスムーズに導入できるようにしている。更に、設置先のインターネット環境を利用できない時でも、USBデータモデムを直接接続できるため、設置先環境のネットワークに触れずにVPNを構築できる。


出荷日・発売日 2013年6月19日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047945


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ