クォーレスト、第4世代Core/Xeon E3対応でioFX 420GB搭載WS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、第4世代Core/Xeon E3対応でioFX 420GB搭載WS発売


掲載日:2013/06/19


News

 株式会社クォーレストは、第4世代Core/Xeon E3-1200V3 CPUに対応し、Fusion-ioのioFX 420GBを装備した、コンパクトでスリムなシャーシのワークステーション(WS)「Qualest iF-1000P」シリーズを発売した。

 「Qualest iF-1000P」シリーズは、高解像度3D-CG、CAD/CAM、レンダリング、CAE解析といった高いデータ処理能力が求められるアプリケーションに適している。第4世代Core i3/i5/i7シリーズCPUと、Xeon E-1200 v3シリーズCPUをサポートしている。CPU直結のデュアル2チャンネル構成のDIMMソケット4本を備え、最大32GBのアン・バッファードNon-ECC DDR3メモリを搭載でき、Intel Extreme Memory Profile(XMP)を利用したオーバークロック動作をサポートしている。システム拡張用バスとしてPCI Express 3.0 x16×1を備え、高性能グラフィックス・カードを接続できる。

 PCI Expressバス接続のカードタイプSSD「ioFX 420GB」を標準装備し、2Kや4K映像といった高解像度コンテンツ編集でボトルネックとなるデータの読込スピードが改善され、作業能率の向上を図れる。Intelラピッド・ストレージ・テクノロジーRAIDをサポートするIntel H87 Express PCHを搭載していて、5ポートの6Gbps SATAと1ポートのmSATAを装備し、Windows/Linux環境でコールドスワップのRAID 0/1/5/10を利用したデータ保護環境を提供する。

 各種外部周辺機器やバックアップ・メディアと接続できる、4ポートのUSB3.0と6ポートのUSB2.0を装備しているほか、低消費電力化と仮想環境下でのパフォーマンス向上を達成したIntel i217Vチップを搭載し、ギガビット・イーサネット(GbE)LANを利用でき、マルチメディア機能として、Realtek ALC892 Audio Codecを使用した10チャンネルHDオーディオをサポートしている。

 550W 80Plusプラチナ規格高効率電源を搭載している。オプションGPUの補助電力需要に応じて、電源容量を強化した600W/750W電源にアップグレードできる。本体前面に1台、背面に2台装備された8cmファンと天板の12cmファンには、システムからの発熱量に応じて回転数がコントロールされるPWM(Pulse Width Modulation)ファンを採用しているほか、側面にも12cmのオプション・ファンを追加できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047870


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ