採用:ニッセン、クラウド名刺管理「リンクナレッジ」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ニッセン、クラウド名刺管理「リンクナレッジ」を導入


掲載日:2013/06/18


News

 Sansan株式会社は、株式会社ニッセンが顧客情報の一元化のため、Sansanのクラウド名刺管理サービス「リンクナレッジ」を導入したと発表した。

 ニッセンでは法人営業も行なっているが、名刺管理や見込み顧客の管理が営業1人ひとりに任されており、顧客接点が組織として可視化できていないことで、機会損失につながっているのではないかという懸念を持っていたという。

 「リンクナレッジ」は名刺を専用端末でスキャンすることで利用きるので、営業現場に負担なく導入できるほか、名寄せも自動で行なわれるため、最新の顧客情報をメンテナンスフリーで構築できることが導入の決め手となったとしている。

 ニッセンは東京・京都・福岡の三都市にある拠点間で顧客情報を共有することで業務を効率化し、社内人脈を可視化することで営業力を強化し、売上増大につなげたいとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術 【サンブリッジ】 Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み 【サンブリッジ】 社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは? 【サンブリッジ】 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? 【サンブリッジ】
SFA SFA SFA SFA SFA
ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術 Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み 社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは? 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047853


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ