Kaspersky Lab、B2B Internationalと共同で調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kaspersky Lab、B2B Internationalと共同で調査を実施


掲載日:2013/06/18


News

 Kaspersky Labは、ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B Internationalと共同で調査を実施したと発表した。

 この調査では、ほとんどの企業は業務用モバイルデバイスとその中に保存されているデータに対して適切なセキュリティ対策を行なっていないことが明らかになったという。また、専用のモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを導入していないと回答した企業は34%であるとしている。

 また、同調査によると、28%の企業は私物と業務用のモバイルデバイス向けセキュリティ対策としてすでに専用のMDMソリューションを導入しており、29%は一部導入していると回答した。しかし、一部導入だけではすべてのモバイルデバイスや保存データの安全性を保証することはできないとしている。

 Kaspersky Labによると、モバイルにおける脅威がここ2年間で拡大した一方で、企業では BYOD(Bring Your Own Device:私物デバイスの業務利用)の導入が進み、会社のメールにアクセスするなど、私物デバイスを業務で積極的に活用する社員が増えている。こうした私物のスマートフォンやタブレットPCを使った企業ITインフラへのアクセスを制御しなければ、システムから機密情報が漏洩する可能性があると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 ジョブ管理ツール「LoadStar Scheduler」 【ヴィンクス】 Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは 【ウイングアーク1st】 中堅・中小企業の「働き方改革」に勤怠管理システムのクラウド化が必須の理由 【ビッグローブ】
統合ログ管理 アンチウイルス サーバー管理 電子帳票システム IaaS/PaaS
ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 操作マニュアル不要で簡単に操作できるジョブ管理ツール。ソフトバンクが独自開発し、社内利用を行いながら検証を繰り返し最適化。商用ジョブ管理ツールからの移行が容易。 Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは 中堅・中小企業ではなかなか進まなかった人事関連システムのクラウド化。その機運が、ここに来て急速に高まっている。その理由とメリットを探る。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047840



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ