エプソン、本体寿命15万枚達成のディスク デュプリケーター発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、本体寿命15万枚達成のディスク デュプリケーター発売


掲載日:2013/06/18


News

 エプソンは、1台でCD/DVDへのデータ書き込みからレーベル印刷まで、オンデマンドでディスク作成を行なえる“ディスク デュプリケーター”の新製品で、本体寿命15万枚を達成した「PP-100II」を7月1日に発売する。価格はオープン価格。

 同社の“ディスク デュプリケーター”では、大量のディスクをまとめて作成することも、1枚ごとに異なるディスクを作成することもできる。今回発売される「PP-100II」では、CD/DVDドライブが寿命になった際の“ドライブ”交換を、ユーザ自身で簡単に行なえ、交換にかかるダウンタイムの低減を図れる。

 標準添付されているソフトウェア「Total Disc Maker」は、ディスクへのデータ書き込みの定義やレーベル面のデザイン編集、ディスクの発行までを簡単に行なえる。「PP-100II」では、従来のデータ書き込みに加え、最大50枚のディスクを一括でPCに読み込み、保存できる“まとめてリード(読み込み)機能”に対応した(Windows版のみ)。作業時間の短縮を図れるほか、大容量データ交換に応用することで、インターネット回線の使用に起因する機密漏洩や帯域圧迫を危惧せずにデータ交換を行なえる。

 購入後にブルーレイディスクの作成が必要になった場合は、オプションのブルーレイディスクドライブに交換することで、ブルーレイディスクも作成できる。また、同社が取り扱うアーカイブグレードブルーレイディスクを使用することで、日本画像情報マネジメント協会(JIIMA)が策定した、ブルーレイディスクで安全に長期間保存するためのガイドライン“電子化文書長期保存のためのBlu-ray Disc検査基準および取り扱いに関するガイドライン第1.0版”に準拠した記録品質のブルーレイディスクを作成できることが、同社のテストで確認されている。


出荷日・発売日 2013年7月1日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047829


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ