採用:リコー、トレンドマイクロのセキュリティ対策を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:リコー、トレンドマイクロのセキュリティ対策を採用


掲載日:2013/06/13


News

 トレンドマイクロ株式会社は、株式会社リコーのデジタル複合機向けプライベートクラウドサービス「RICOH e-Sharing Box タイプM3」(e-Sharing Box)のセキュリティ対策に、トレンドマイクロのクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Security as a Service」のエンドポイント向けクラウド型セキュリティサービス「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」(VBBSS)が採用されたことを発表した。

 「e-Sharing Box」では、デジタル複合機に専用機器を併設することで、受信したFAX文書やPCで作成した文書などを保存・共有でき、外出先でスマートデバイスからアクセスできるという利便性を向上できる。一方で同サービスが不正プログラムに感染した場合、従業員のPCやモバイル端末など社内システムに感染が拡大するリスクがあったとしている。

 今回、セキュリティ対策に「VBBSS」が採用されたことで、「e-Sharing Box」経由での社内システムへの不正プログラム感染を防御できるようになった。リコーが提供するセキュリティサービス「クラウドサービス for MVB」として提供されるという。

 ユーザは、リコーのヘルプデスクサービスやオンサイトサポートを組み合わせた総合的なセキュリティ強化支援を受けられるほか、手動でのセキュリティプログラムのバージョンアップが不要で、Windows、Android、Macといった自社内の様々な端末とともに、「e-Sharing Box」のセキュリティ状況を一元的に管理できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 マルウェア対策のBPO型クラウドサービス「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」 【NECキャピタルソリューション】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 膨大なセキュリティ製品の運用管理はもう限界、高度な対策を手短に実現するには 【シスコシステムズ+他】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 事例●マルウェア対策の見直しで情シスの管理負担をほぼゼロに! クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 セキュリティ対策に取り組む企業のIT担当者は「運用の複雑化」という課題に直面している。「エンドポイントセキュリティの対策」で負担を軽減する良い手はないだろうか。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047723


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ