日本アバイア、国内コンタクトセンタ市場でトップシェアを獲得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本アバイア、国内コンタクトセンタ市場でトップシェアを獲得


掲載日:2013/06/13


News

 日本アバイア株式会社は、国内CRM関連PBX/ACD(コンタクトセンタ)市場に関するミック経済研究所発行の最新の市場調査レポートで、日本アバイアが国内コンタクトセンタ市場におけるNo.1プロバイダに選ばれたと発表した。ただし、ミック経済研究所の調査では、出荷金額に加えて各社が出荷したPBX/ACDが対応するシート数を取材をもとに推定しているという。

 4月22日に発行されたミック経済研究所発行のレポート“CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望2013年度版(調査分析期間:1月28日〜4月22日)”では、CRM市場の主要製品であるPBX/ACD分野のメーカー別対応シート数シェアにおいて、日本アバイアが、2013年度54.6%(見込み)の市場シェアで、2位に25.6%の差をつけ、2000年以来13年連続でトップの座を獲得したと伝えている。

 同レポートによると、2012年度のメーカー出荷レベルでの市場規模は前年度比106.5%の302億万円となっている。2012年度は、リーマン・ショックの影響で延伸、凍結となっていたリプレイス案件などが時期的に限界を迎えたことなどから、前年度の伸びを上回る伸び率で推移したという。2011年度下期よりリプレイス時期に入ったことで、2012年度は数年の間で最も高い伸び率となっているという。SaaS型サービスの需要拡大もともない、2013年度も市場は拡大すると予想されていると述べている。

 日本アバイアは、通販系市場において大型のリプレイス案件の獲得や、新規参入企業との取引が順調に伸び、金融業において業界再編などによる統合案件が引き続き行なわれていることも寄与して、2012年度も出荷額を延ばしたという。

 ミック経済研究所によると、日本アバイアは「Avaya Agent MAP」や「StationLink」といった日本独自のアプリケーションの拡販に加えて2012年度はスマートフォンやタブレットなどの新デバイスによる機器の高性能化にともなったソリューションを拡充したこともあり、引き続き市場を牽引していくと見ている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047712



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ