KEL、ISO/IEC19770に準拠したSAM台帳システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KEL、ISO/IEC19770に準拠したSAM台帳システムを提供


掲載日:2013/06/12


News

 兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)は、ソフトウェア資産管理(SAM)の国際規格“ISO/IEC19770”に準拠したSAM台帳システム「Asset RADAR」の提供を開始した。

 「Asset RADAR」は、ISO/IEC19770-1の要求事項に対応している上、“SAMユーザーズガイド”が推奨しているハードウェア台帳・ソフトウェア台帳・ライセンス台帳・関連部材台帳の4つの管理台帳を備え、保有資産を把握し可視化できる。台帳とインベントリー情報は自動で突合され、台帳と実際の状態に差異が確認された場合には、直ちにアラートが発せられ、問題をタイムリーに把握できる。

 台帳登録情報の更新や新しい資産の追加などは、業務プロセス上の申請・承認手続きを経て行なわれるため、資産情報の正確性を維持でき、ライセンス審査に対応する場合も、保有ライセンスと利用ライセンスの整合性を迅速に提示できる。操作性に優れ、SAMの特別な知識がない場合でも正しい処理が行なえるように設計されている。

 従来のインベントリー収集ツールにアドオンできるため、既存ツールを有効活用しながら、SAM台帳システムを構築できる。様々なライセンス形態に対応し、ユーザ・デバイス・サーバ・包括など、実際に利用されているライセンス形態を管理できる。また、システムを利用するための現状把握プロセスの手順書や、システムを適切に利用するためのSAMの規程類のひな型も用意され、SAMの導入から運用までをサポートする。オプションで、手順書や規程類をカスタマイズするコンサルティングサービスも提供できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

クラウド型社内資産管理ソフト Assetment Neo 【アセットメント】 PalletControl 7.2 【JALインフォテック】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
クラウド型の社内資産管理ソフト。社内の資産管理台帳を一元化して、常時正確な管理状態を維持。他社のIT資産管理ソフトと連携し、所在不明な機器を把握する。 脆弱性/マイナンバー対策に効く資産管理ツール。端末環境を自動識別し前提条件等から配布対象を自動判定。人手による台帳作成の手間や作成時間を削減し、ミスを排除する。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047695


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ