採用:宇治市教育委員会、CSEのパスワードシステムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:宇治市教育委員会、CSEのパスワードシステムを導入


掲載日:2013/06/12


News

 株式会社シー・エス・イー(CSE)は、宇治市教育委員会が導入した校務用シンクライアント端末の認証強化として、認証デバイス不要のワンタイムパスワードシステム「SECUREMATRIX」が採用され、導入されたことを発表した。

 「SECUREMATRIX」では、64個の数字が並ぶマトリクス表からユーザが決めた位置と順番を選んだ形がパスワードになる。認証のたびにランダムな数字が表示されるマトリクス表にパスワードとなる形を頭の中で重ね、合わさった個所の数字をパスワード欄に入力することで認証が完了する。

 宇治市教育委員会は、シンクライアント端末システム導入における課題として、安全な校務用端末により個人情報を安心して扱いたいこと、簡単な操作で利便性を損なわずに利用者本人を特定したいこと、情報管理デバイスの紛失による情報漏洩リスクを小さくしたいことを挙げていた。

 同教育委員会が「SECUREMATRIX」導入を決めた3つのポイントとして、以下を挙げている。1つはシンクライアント端末のログインの際、ワンタイムパスワードを使って認証強化できる点、2つめは利用者はマトリクス表から位置と順番を指定して自分のパスワードイメージを“形”で記憶して、簡単にワンタイムパスワードを利用できる点、3つめは認証デバイス不要でワンタイムパスワードを可能にできるため、デバイスの紛失や盗難などの新たな機密漏洩リスクを抱えることがない点や認証デバイスの故障や管理負担から開放される点であるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047677


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ワンタイムパスワード > ワンタイムパスワードのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ