採用:さいたま市、MSのCRMを活用し市民の声DBシステムを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:さいたま市、MSのCRMを活用し市民の声DBシステムを構築


掲載日:2013/06/12


News

 日本マイクロソフト株式会社(MS)は、富士通株式会社、さいたま市と共同でMSのCRM(Customer Relationship Management)ソリューション「Microsoft Dynamics CRM」を活用した「市民の声DBシステム」を構築し、本格運用を開始したと発表した。

 「市民の声DBシステム」は、さいたま市の各種広聴制度やコールセンタなどに寄せられる、市政への提案、陳情・要望、行政サービスに関する問い合わせなどの市民の声を一元的に管理し、発言者の年代、性別、居住区、提案内容別などによる分類・集計及び統計結果のグラフ表示などを行なえるもの。さいたま市共通認証システムと連携しており、職員は庁内のPCから同システムにアクセスして、寄せられた市民の声を登録できる。また、市民が直接、特設Webサイトから意見や要望を登録できる。

 これまで、さいたま市ではコールセンタや陳情・提案のほか、広聴制度“わたしの提案”“タウンミーティング”などを設け、積極的に市民の声を収集してきたという。だがその情報は制度ごとに管理されており、市全体として市民の声が定量的にどのような傾向にあるのかを把握しにくい状況だったほか、市民の声への個別の対応を市全体として把握し次の施策へ反映するまでに、意見の集約と統計処理などに多くの労力を要すなどの課題があったという。

 同システムの構築は、富士通と株式会社富士通ビー・エス・シーが行なった。

 今後は、同システムを全庁で共有化することで効率的に市民の声を分析し、市民意識を把握して、市民の理解や賛同が欠かせない事業における対策を講じるなど、施策の推進のために活用する予定であると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047676


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ