BTとシスコ、スマート端末ユーザの利用実態の共同調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BTとシスコ、スマート端末ユーザの利用実態の共同調査を実施


掲載日:2013/06/12


News

 英BTは、米シスコシステムズ(シスコ)と、ラップトップ、タブレット、スマートフォンのスマート端末に対するビジネスユーザの利用実態の共同調査を実施した。

 今回の調査は、世界13の地域で行なわれたもので、対象となった企業などの76%は、こうしたスマート端末で更に生産性を向上させようとする計画を持っているという。また、今後の傾向として、クラウド・ソリューションの利用(33%)、技術者向けソフトウェアの利用(32%)、スマート端末の利用者に対するサポート(32%)が増加するため、その対応策も必要であると返答しているという。

 BYOD(Bring Your Own Device)の利用が拡大するためには、どこでも利用できる“ユビキタス”無線LAN が必要であり、そのためには優れた機能を持つ、ネットワークが不可欠であるとしている。しかし、45%の利用者は、各企業のネットワークに無線でアクセスできない状況にあるという。社内で、現在無線LANのアクセスができない人の68%は、無線LANの活用ができれば、仕事にも良い結果をもたらすと答えているという。

 また、ネットワークに関しては、十分な容量がないとBYODの機能を生かせないと感じていることが分かったとしている。ITマネジャーの多数の84%が、BYODの採用が企業競争に必要であると答えているが、固定・無線のネットワークやVPN(Virtual Private Network)に対する方針が明確でないため、拡充が遅れていると指摘しているという。

 BYODの使用許可については、現在も従業員に対する信頼感が決定の重要な要素になっているとしている。26%を超えるITマネジャーは、携帯端末の利用に必要な要件や許可条件をすべての利用者が理解していると考えており、2012年の19%から増加、信頼感が増していた。しかし、個人の端末を利用している従業員の26%が、企業のセキュリティに対するリスクがあると認識しており、ITマネジャーはセキュリティを確保する方策を考えるべきではないかと示唆しているという。

 BTは、企業が端末の適応性、セキュリティ、無線LAN、ネットワーク、アプリケーションの機能などの要素を、コストダウンも含めて検討する必要があると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
統合ログ管理 BI 暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047666



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ