MMD研究所、スマホ利用者対象に意識調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MMD研究所、スマホ利用者対象に意識調査を実施


掲載日:2013/06/12


News

 MMD研究所は、docomo、au、SoftBankのスマートフォン利用者各400人の計1200人を対象に、“携帯キャリアに関する意識調査”を5月31日〜6月4日に実施したと発表した。

 今回の調査では、キャリア選択時の重視点やネットワーク通信に対する不満、各携帯キャリアのイメージなどについて調査している。

 同調査によると、携帯キャリア選択時の重視点については“ネットワーク通信”項目が上位で、スマートフォン利用者(各キャリアN=400)に、携帯キャリアを選択する際に重視した点を聞いたところ、“月額料金が安い”が最も多く45.8%、次いで“通信が安定している”が37.3%、“通話エリアが広い”が33.7%と続いている。上位5位までを見ると、“月額料金が安い”を除き、通話・通信などの電波状況に関する項目が4つ入っており、ネットワーク通信が良いことがキャリア選択時に重視される傾向にあるとしている。

 次に、スマートフォンを利用する上でのネットワーク通信の不満を聞いたところ、不満を感じていないが32.1%となり、全体の67.9%がネットワーク通信に対して何らかの不満を感じていることがわかったという。不満を感じている項目としては、“通信速度の遅さ”が38.9%、“パケ詰まり”が29.0%、“通信障害などのトラブル”が23.0%で上位となったという。キャリア別では、docomo利用者の70.2%、au利用者の74.5%、SoftBank利用者の59.0%がネットワーク通信への不満を感じている結果となったとしている。

 自身が利用している携帯キャリアに関わらず、直近3ヵ月で携帯キャリアにどのようなイメージを持っているかを電波状況や割引、アフターサービスなど全12項目について聞いたところ、“端末ラインアップ”“使用における安心感”“信頼性”のイメージが最も良いのはdocomoとなっており、“通話品質”“通信品質”“通信速度”“通話エリア”“通信エリア”など電波に関するネットワークイメージが最も良くなっていたキャリアはSoftBankであったと伝えている。



関連キーワード

「アップデイト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 【ジュニパーネットワークス株式会社】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】
ERP ネットワークスイッチ 検疫 データセンター運用 ネットワーク管理
中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047665



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ