ストラトスフィア、日立電線とSDN-WANで共同技術検討を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ストラトスフィア、日立電線とSDN-WANで共同技術検討を開始


掲載日:2013/06/11


News

 株式会社ストラトスフィアは、日立電線株式会社とSDN(Software Defined Network)を使った広域ネットワーク“SDN-WAN”の分野で共同技術検討を開始すると発表した。

 両社は以下の3つの共同技術検討を行ない、SDN-WAN(Software Defined Network - Wide Area Network)を構築するとしている。1つはOpenFlow1.3.1対応のSDNコントローラとスイッチの開発、及び相互接続検証を実施すること、2つめはSDNコントローラが、ストラトスフィアの「Stratosphere SDN Platform」(SSP)を拡張し、SDN-WANによってデータセンタ内の仮想ネットワークを他のデータセンタやクラウドに接続するためのネットワーク制御機能を提供すること、3つめはスイッチハードウェアについて、日立電線が通信事業者向けAPRESIA製品の技術を踏襲し「Apresia26000」シリーズをベースに開発し、また、リリース済みの製品についても順次対応を検討することであると伝えている。

 SDN-WANは、SDNで構築する広域ネットワーク。SDN-WANを構築することで、簡素な機器構成でもソフトウェアで細かい制御を実装できるため、単純かつ柔軟なネットワーク構築及び運用ができる。通信事業者はSDN-WANを活用することで、オペレーションの自動化による運用コストや設備投資の効率化による設備コストの削減、新サービスの創出・早期構築が期待できるという。

 ストラトスフィアは、今後、通信ネットワーク全般、及び企業内ネットワークにもネットワーク仮想化の領域を広げ、様々なシーンで、NaaS(Network as a Service)を構築できるソフトウェアプラットフォームの提供を目指すとしている。今回の相互接続検証は、SSPの対象領域をキャリアネットワークにまで広げるための施策の1つであり、国産メーカーでキャリア向けソリューション提供に実績のある日立電線と相互補完的なパートナーシップを目指すという。日立電線はこれまで広域イーサネット市場で培ってきた技術を生かし、OpenFlowに対応したスイッチを開発すると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 【ロジクール+他】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】
勤怠管理システム BI Web会議 ファイアウォール Web会議
Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。
ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047627



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ