米Lookout社、モバイルの脅威に関する考察を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


米Lookout社、モバイルの脅威に関する考察を発表


掲載日:2013/06/11


News

 米Lookout社は、Lookoutプラットフォームから得られたモバイル脅威のデータを調査し、そこから5ヵ国(米国、英国、ドイツ、インド、日本)の各地域に現れる脅威の特徴を考察したと発表した。

 今回のレポートでは、Lookoutが1月から5月16日までリストアップしたモバイル脅威が取り上げられており、各国別のモバイル脅威に遭遇する確率は、インドが5.49%と1番高く、続いてドイツ(2.37%)、英国(2.16%)、米国(1.66%)となり、日本は調査国中1番低い0.78%となったという。その理由として、プレミアムSMSが日本にないことがあげられるとしている。

 0.78%は、日本のアンドロイドユーザのマルウェアに遭遇する可能性であり、その内アドウェアをインストールしている割合/0.5%、チャージウェア/0.01%、サベイランスウェア/0.01%、スパイウェア/0.05%、トロイの木馬/0.21%と同社では想定しているという。

 脅威のタイプについては、アドウェアは各地域で広まっている脅威であるとし、国別では、インドでの事例が多く報告されている。理由としては、複数のアドウェアの変種がインドで人気のあるゲームアプリを標的にしているためであると伝えている。

 また、ユーザに明白な情報を提示しないまま課金するチャージウェアは、多くの国でアドウェアについで2番目に広まっている脅威のタイプと考えられるという。

 スパイウェアやサベイランスウェア(監視ソフトウェア)、トロイの木馬といったマルウェアも急増しているという。サベイランスウェアは、ユーザに知らせずに個人情報を取得し送信する商用プログラムで、米国のAndroidユーザの0.24%が感染していると推定されるという。トロイの木馬は、一見合法的に見えるが起動すると非合法な活動を行なうもので、新規Lookoutユーザの0.5%がトロイに感染していると伝えている。

 同社は、脅威や迷惑行為の大元は盗難や紛失であったり、アドウェアやトロイの木馬などであるとしている。ユーザがモバイルデバイス上で閲覧し、情報、リンク、アプリなどをダウンロードする際には、注意を払うことがスマートフォンと個人情報の安全を保つための鍵となると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ワークフローシステム構築ツール 『Web Plant』 【キヤノンITソリューションズ】 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 【ポリコムジャパン】 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理 【富士通】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 「オフィスソフト」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】
ワークフロー テレビ会議/ビデオ会議 プロジェクト管理 アンチウイルス オフィスソフト
多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 「オフィスソフト」のアンケート4問に回答して【ギフト券10万円分】を当てよう
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047626



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ