NECネッツエスアイ、キューアンドエーを連結会社化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECネッツエスアイ、キューアンドエーを連結会社化


掲載日:2013/06/11


News

 NECネッツエスアイ株式会社は、コンタクトセンタ事業の強化を図るために、従来22%の資本参加を行なっていたキューアンドエー株式会社との資本提携の強化に向け、同社株式を56%へと追加取得し連結会社化すると発表した。同時に、子会社である第一アドシステム株式会社について、キューアンドエーとのシナジーを活かした事業の拡大を図るため、保有株式をキューアンドエーに売却し、同社の連結会社とするとしている。

 NECネッツエスアイでは、ネットワークを中心にしたICT技術基盤、インフラやオフィス・ファシリティなどに関する施工基盤のほか、データセンタやネットワークの監視などを行なうオペレーションセンタやパーツセンタなどのサービス基盤といった事業基盤を有している。サービス基盤を中心にこれらの事業基盤の強化・活用を図ることで、ユーザのニーズ変化に対応したサービス事業を核に中期的な成長を目指すとしている。このような方針の下、2010年11月には通販向けを中心としたコンタクトセンタ受託サービスを持つ第一アドシステムを連結会社化、2012年6月には、ICTなど技術的な対応が可能なテクニカル・コンタクトセンタ及びオンサイトサポートサービス(訪問サポート)を手掛けるキューアンドエーとの資本提携を行なうことにより、サービス基盤の強化を進めてきたという。

 今回の資本提携強化の狙いは、下記の3点であるという。1つはリレーションシップ・マーケティング事業を核としたコンタクトセンタ・サービス事業の強化・拡大、2つめはコンタクトセンタ・サービス基盤の強化・効率化で、3社のコンタクトセンター・システムを統合・共通化することで効率化するほか、NECネッツエスアイはこれら基盤のクラウド化を行ない、将来的には様々なコンタクトセンタ・サービス業者に対し、共通サービス基盤として提供するとしている。

 3つめは、3社の事業基盤を活かした新サービスの提供で、NECネッツエスアイのB to BのICT事業に、キューアンドエーのB to B to C、B to Cのテクニカル・サービス、第一アドシステムのフルフィルメントを特徴としたB to B to Cサービスに対応のできるBPO基盤を活用することで、通信事業者やサービスプロバイダを中心としたユーザへのICTシステム/サービスの提供や、技術的なサポート・サービスまで一括した新サービスを提供すると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 徹底レビュー:Windows 10の新機能でクライアント環境がこう変わる 【ヴイエムウェア】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 新旧さまざまな課題を解消するデータベース移行術を解説する。 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】
シンクライアント タブレット データ分析ソリューション データベースソフト MDM
ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる 抽選で10名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート DB運用で「低コスト・高パフォーマンス」を諦めてはいけないのはなぜか? 「持ち出せるデバイス」に進化したWindows……管理はどうする?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047625



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ