NRIセキュア、大規模システム対応アクセス制御/管理ツール発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIセキュア、大規模システム対応アクセス制御/管理ツール発売


掲載日:2013/06/11


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は、エージェントレス型のアクセス制御/管理ツール「SecureCube/Access Check」を刷新し、大規模システムに対応する拡張性と、ポリシーに基づいたアクセス制御機能を備えた新バージョン「Version 4.1」を8月に発売する。

 「SecureCube/Access Check」は、エージェントレス型なので、短期/低コスト/低リスクで導入を図れる。今回の新バージョンでは、様々な機能強化が行なわれている。従来の正副2台のサーバでの構成から、“情報管理機能”と“アクセス中継機能”の2つのコンポーネントに分離した機能別の構成に変更され、スケールアウトが容易に行なえるようになり、管理対象サーバが数千台規模のシステムにも対応する。

 アクセス制御の管理方法が刷新され、通信プロトコル/ユーザ情報/システム分類の定義がアクセスポリシーにまとめられるため、アクセス制御を容易に管理できる。対応プロトコルの機能が拡張され、ORACLE SQL *Plusを使用したDBへのアクセス制御とログの取得を行なえるほか、CIFSを使用したWindowsファイル共有の中継機能が刷新され、ユーザが利用したいサーバのアカウントを指定できる。TCPプロトコルでは、標準プロトコル同様、ユーザIDを利用した認証を行なえる。

 管理対象のサーバにアクセスする際に、複数の承認者を設定することが求められる業務フローに対応する。また、外部連携機能を強化することで、同ツール上で外部のワークフローシステムの申請情報とアクセスログの突き合わせを行なえ、監査業務の効率化を図れる。

 ライセンス料は、管理対象サーバ数に基づいて設定され、最小価格は290万円、年間の保守費はライセンス料の20%。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ」製品レポート

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 指ハイブリッド認証 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047617


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ